2018年04月25日

0系新幹線 モーター交換

ネタがありません
朝早く(早すぎ)夕方眠くて早く寝た為
起きてしまいました。

中古で購入した0系新幹線
モーターの音が大きいので内部ギヤが壊れている?
何かある・・・と言う事で
DSCN0654.jpg

モーターメカ全部交換しようと計画。
交換する相手は「鬼太郎列車」

これが安いし、意外に早い(速度)のでこれに決め
両方をばらして比べると
そう簡単にはできないことが分かり
さっさと考えを撤退。

モーター音が気になるので分解
DSCN0655.jpg

カッターで筋を入れ
細いドライバーでこじる
糊がパリパリと剥がれる
DSCN0656.jpg

横のネジも取る

DSCN0657.jpg

ここに引っかかりあり
DSCN0658.jpg

側面にもあり
DSCN0659.jpg

これで分解、おそるそそる・・・
DSCN0660.jpg

ばらばらになりそうです
DSCN0661.jpg

DSCN0662.jpg

DSCN0663.jpg

何んとか

以前の方が油をくれたようで
べたべた
ギヤを見るが何処にも欠けはありません
仕方がないのでモーターを交換します
DSCN0664.jpg

このモーターもなんだか在庫が無くなる・・・
なんて話があり、予備に2個購入したが
何事も無く今でも売っています。
なんだったのだろうか?

なお、重りが組み立てる時
うまく置くことができません
これは、両面テープで、先にケース側に留めておきます。

バネの部分をピンセットで押さえながらはめ込む。
画像なし。(手が3本必要)

完成
音は変わらず、ギャーギャーと言う。
走らせると 早い
6両くらい連結して。チビが遊んでいたが
楽々引っ張っている。
posted by ミキサー・タカ at 04:37| Comment(0) | プラレール改造

2018年04月20日

GX-Z6100 動かない!

カセットデッキの修理依頼です
DSCN8122.JPG
突然、来ました。

「動かない!」と言う・・・
さっそく中を開けてみます

1枚基板です
DSCN8123.JPG

結束されているはずですが
バラバラです
さて?いじったか?
DSCN8129.JPG

見ると、ほとんどの動作はOK
キャプスタンが回転しない??
モーターは動いている
ベルトは有る
しかし、モーターの部分で空回り
答え:ベルトが伸びて空回り・・・・ベルト交換ですね
他は問題なし見たい。


今回は分解方法を詳しく解説してみます。
できるかな?

ボンネットを外します
左右3本ずつ、後ろ2本です、ネジの種類が違います。

フロントパネルの分解上のネジ3本
下側のネジ(タッピング)2本
良くネジを無くすので今回は1回づつ、テープで別紙に留めます。

次はこれ
DSCN8132.JPG

どうするのかな?と見ていたら
左右に爪があります
ちょいと開いてみると手前に取れました

そして本体とデッキ部分を取り付けている部分のネジ
メカ部分の4隅にあります。

これを外します、確か手前に出てくるはず!
にゃに? 後ろに出た!
DSCN8138.JPG

DSCN8139.JPG

ベルト交換なので、後ろのフライホイール部分の分解です

メカ部分のコネクターを外しておきます、2か所
裏から見て、下側の金色のネジ2本を外す

まだ、上側2か所が留められている
これは正面からなが〜いネジで留められています。

この場所
DSCN8141.JPG

このパーツはなんだろうねぇ、これを外して
後ろにある、ネジロック(緑ペイント)のネジを緩めます。

そして右側も
DSCN8142.JPG

フライホィールが分解できます
DSCN8145.JPG

さて、ベルトは
DSCN8148.jpg

アマゾンで見たら、安いの有り!
思わず注文した
2日後に到着
れれれ
DSCN8152.jpg

何じゃこれは?? 良く見ると「ラジカセ用」でした
あーあーあーあー、夜中に迷って注文したらしい。

ベルト、周囲全長を測ると15cmあります
ネットで見ると直径75mmが良いとあります。

便利ですね、さっそくアマゾンで注文。
送料が取られますが、買いに行くより安い。

なんと「クリックポスト便」とかで翌日到着、早すぎ!!
これ
DSCN8155.jpg

取り付ける
DSCN8156.jpg

ここで昔作った治具(1.6oのIV線を剥いて芯線をJの字に曲げた物)
ゴムベルトを引っかける道具。

何とかできました。

***
ついでに掃除
DSCN8158.jpg

まだ、赤色と青色のアルコールあるんです
これ20年前の品?

ゴム部分をこすると・・無くなってしまうのではないかと
思われる程、汚れている?
だんだん薄くなるのでゴムは溶けていないようです、
また、軸の固着も有りません、スムーズに動きます。

正直=消磁気を使います、デマグネタイザーと言うしろもの。

そして基盤をみると気になる品
DSCN8160.jpg

さわるとものすごく熱い
放熱板追加、ジャンク箱にあるパソコン用に穴を開け取り付け
DSCN8161.jpg

何んとか触れるようになりました
それでも石の所の温度を測ると
DSCN8165.jpg

ひぇーですね、壊れるように作ってあるのか?

***
動作:テストテープ(偽物)で1Khzが1.002Khz〜1.004ぐらい出ればOK
フラフラしますが、まあOKです。

録音してみます・・
DSCN8162.jpg

L側が低く出ます
さてこれは、RECレベルか? メーターか? PBレベルか?
あちこち回すと滅茶苦茶になりますので、良く調べてからにします。
3ヘッドなので、どうやら再生レベルと判断
基板に書いてあるので半固定をちょこっと回すとOK
これで

完了です。

***
実はメカを本体に留めているネジが1本外した時に紛失
あちこち探したが何処にも無い
落ちていない、落とした記憶も無い
さー困った、まあ、ネジなので予備はありますが
オリジナルが無いのも、くやしい。

そして見つけました・・・+ドライバーの磁石の先に着いたままでした。
恐れ入りました。

では、ここまで。
posted by ミキサー・タカ at 09:29| Comment(0) | アンプ修理

2018年04月14日

本を読んで

この本を読んで

DSCN0643.jpg

テトに最後に水をやった行為が
よくなかった・・・んだ、と

今日出てきた「テトの壁紙です」
DSC_2292.jpg


本の内容です。
「脱水」は意識レベルが落ちてぼんやりとした状態になり、
不安や寂しさや恐ろしさから守ってくれる働きをすることは
すでに述べたとおりです。

それなのに、たとえ善意にしろ、せめて水だけでも、
と無理に与える事はこの自然の仕組みに反し、
邪魔することになるのです。

赤ん坊が眠いのに色々ちょっかいを出されて
眠らさせてもらえないのに似ています。
ひどい仕打ちだと思いませんか。

たしかに、見殺しするようで辛い、何もしないで見ているだけなんて
事はできないという気持ちも、わからないではありません。

しかし、こちら側の都合だけで、何かをするというのは「エゴ」
といっていいと思います。

その行為は誰のため、何のためなのか、やった結果、どうなるのかを
考える必要があります。

中略・・・・
たとえ延命したとしても、悲しみは無くなりも減りもしません。
ただ、先送りするだけです。


自然死・・・
posted by ミキサー・タカ at 22:25| Comment(0) | 日記