2018年06月21日

プラレール E7系改造?

E7系新幹線 プラレールで欲しいのだが、単品での販売が無い!
笛コントロール:¥2298 これが一番安いかな?
笛でなくてスイッチがいいなぁと思う。
レールセット:¥2800 高いですね

では、動力車を何とかしよう、
そこで E7系テコロジー:¥673 これ安くていいです。
この車両を改造できないか、からスタートしました。
DSCN8278.jpg

分解するととても丁寧な造り、照明部分もいいです、
構造も複雑です、何でこんなに安いんだ!
DSCN8279.jpg

DSCN8281.jpg

DSCN8282.jpg

DSCN8283.jpg

分解して、内部にモータがあります、これに電圧を加えれば動くのでは?
DSCN8287.jpg

DSCN8289.jpg

直流を加えました・・・動きません、もしかして交流発電機?調べたらそうでした。
残念です。
このメカを直してモーター&電池を入れるのは難しいです。

では、既製品の土台を使ってはどうか、で、鬼太郎列車。
鬼太郎列車好きな方すみません
分解すると、とても大きさが合いません。
DSCN8284.jpg

DSCN8286.jpg

では、新幹線系はどうでしょうか、3両セットを買うと高いですね、そこで
JR四国ホビートレインはどうでしょうか。¥864 少々高い。
DSCN8295.jpg

分解すると、これは使えそうです、最新のメカです。
DSCN8296.jpg

ホビートレインが好きな方すみません
台車を利用します。

内部の出っ張りを取り除きます。
DSCN8298.jpg

後ろの差込穴を作ります。
DSCN8300.jpg

連結器が違うので本体を削ります。
DSCN8290.jpg

スイッチレバーが出る穴を開けます、
少々間違えて穴を開けてしまいました、大変格好悪いです。
DSCN8301.jpg

さらに、あちこちの出っ張りを取り除きます、
だいぶ収まるようになりました、
DSCN8304.jpg

DSCN8305.jpg

後は先端部です、ここも内部を一部削り取ります。
DSCN8306.jpg


DSCN8307.jpg

上手く収まりました、これで完成です。
DSCN8310.jpg

台車のネジ留め部分を考えなくてはいけないのですが
ここまでできれば後はそう難しくないのでできるでしょう。
ここで一応の完成とします。


この後、前照灯の取り付け、さらにモーターをトルクチューン2に交換したいです。
これは次回に送ります。
・・・できればレールセット¥2800買えれば一番いいのですがねぇ。
¥864+¥673=1537 決して安くないですね。

レールセット買えばよかったかなぁ・・・などと、もうおそい!
posted by ミキサー・タカ at 21:38| Comment(0) | プラレール改造

2018年06月16日

フェルナンデス ギターアンプ修理

ギターアンプ FR-15 です。
DSCN8238.jpg

夏祭りの準備でギターアンプ通電してテスト中、
動作は問題なくするのですがアンプの上がイヤに熱を持ちます、
見ると内部の放熱板は熱く、トランスまで加熱しています。

 このアンプはオークションにて1円で出ていたものを落札して結果、
無料で譲っていただいたものです。

今回のように長く(2時間)通電したことは今までにないので
初めて気が付きました。

電源スイッチを軽く触れると、
時々OFFになることがあり同型のスイッチが手持ちジャンクにあり、
交換して良好。
DSCN8239.jpg

分解:
裏板を外し、取っ手を外し、ねじを外し、何とかアンプ基盤を取り出しました。

その後ボリウムのツマミがどうしても取れません、
これを外さないと修理ができません、
ドライバー2本で無理無理持ち上げると「ポキッ」と持ち上がりました、
何か軸が伸びたような気がします・・・全部同じ動作です
・・・その通り軸が抜けたのです、
ツマミが取れずボリウムの軸が抜けたのです。

DSCN8244.jpg

DSCN8242.jpg

DSCN8243.jpg

さらに軸にゴム系のボンドが塗られています、これはいったいどのような理由でしょうか。
DSCN8246.jpg

DSCN8247.jpg

基板です
DSCN8248.jpg

DSCN8249.jpg

DSCN8250.jpg

パワートランジスタ部分です
DSCN8251.jpg

焼けています
DSCN8257.jpg

基板を見ると、パワートランジスタの足のパターンまで焼けています、
推定では無負荷電流(アイドル電流)が多く流れているのではと思われます。


ボリウム・・・手持ち「集合!」
DSCN8258.jpg

使えるのが3個しかありません
あとは秋月に注文です。

結局6個のうち軸は6個とも抜けたのですが2個はツマミが取り外せました、
ボリウムは全滅です、Aタイプ・Bタイプ・Cタイプまであります、
Cタイプはないので困りますねぇ。
秋月の40円ボリウムで対応します、抵抗値はほとんど50KΩです。


 見たところではパワートランジスタが少し焼けているだけで
他に目立つ外傷はありません、何が悪いのでしょうか。

・各トランジスタ外して測定、異常なし。
・各抵抗値基板のまま測定、大差なし異常なし。
・ダイオード4個ほど使われているが異常なし。
アンプにIC8455 が使われている、手持ちがあるのでソケットを取り付け交換。

原因は?です発振している場合もある・・抵抗をつけオシロで観測する、
しかしそのような事はない。

ますます原因がわからない。
ボリウム類を外してしまったので取り付けてからでないと詳しくわからない、
取り付けてまだ、加熱するようなら全回路図を書いてみる必要があります。


DSCN8260.jpg

DSCN8261.jpg

ツマミは糊を剥がして再利用します
鉛筆で白色を補修。
DSCN8264.jpg

DSCN8265.jpg

回路図を書いてみました
しかし、持病の鼻水が邪魔をします
とても集中が出来ません、ティシュでいちいち鼻をかむ為
そうだ、マスクをして垂れ流しにすればいいのだ・・汚くてすみません

この方法はいいです、
どんどん溜り、顎の下にまであふれてきます
この水は皮膚を刺激する成分があるのか、かゆくなります。
何んとか3枚交換することには一部回路図が出来ました。
ほんのわずか
DSCN8277.jpg

アイドル電流が流れ過ぎならダイオードしかない

ボリウムを取り付けてテスト
DSCN8268.jpg

すると1個のボリウムが接触不良(ガリ)です
あれあれ・・・手持ちの品でした、再度交換。

なぜか、直ってしまいました
熱は出ず、波形も良好です(波形は前の時もOKでした)

これが一番きれいな方形波
DSCN8271.jpg

ツマミを動かすと
DSCN8272.jpg

通常のアンプでは見れない波形
上側だけがクリップしてます
DSCN8273.jpg

パワートランジスタも交換します、
D2058が使われていたのですが最大定格が似たD2012(秋月)で代用します、
これ安くていいですねおすすめ。


測定してみました。
オーディオ用の測定器を使うとあるレベル以上にすると
発振してしまいどうしても測定できません、

別の発振器を用いて歪を測ると1Wであちこちボリウムを回して
歪最低点を見つけます0.5%程度です、
最大出力は8Ω負荷でクリップする前10W(9.9V)でした。
 15W出力を歌っているのでまあまあいいでしょう。

エレキギターをつないでテストと言いたい所ですが
すでにギターは処分済み、
アコースティクのマイク付きギターなら在ります、
これマイクだものコイルのPUとは違います。

まあ、直ってしまったので原因は不明です
ボリウムではないでしょうか。
posted by ミキサー・タカ at 13:58| Comment(0) | アンプ修理

2018年06月13日

夏祭り準備

そろそろ、7月の夏祭りの準備です。
機材の動作確認をしておかないと
現場で困ります。

点検して持って行くと現場で故障もあります。

本日は画像がありません(手抜きです)

どんな機材を持参するのかと言うと、以下。
かれこれ、30-7=23年間、一度も休まず連続でやってこれました。
今年も無事にできますかねぇ少々心配。
数年前から「もう、来年は無理だ」と言い続けて10年くらいか?

・アンプ 3台(実用2台 1台は予備)
・メインSP 2台
・スピーカースタンド 2本
・返しSP 2台
・スピーカー接続コード 2組 20m?
・マイク 7本(ホルダー付き)
・マイクスタンド 8本 (ワイヤレス用1本)
・マイク用接続コード10本? (予備多数)
・カセットデッキ(接続コード含む)
・CDプレイヤー(接続コード含む)
・MP3プレイヤー(接続コード含む) 最近これ便利です。
・カラオケ信号入力コード(カラオケデッキ外部より持参)
・ワイヤレスマイク 3CH分 (予備として1CH)。
・ワイヤレスアンテナ 2本
・ワイヤレス受信機 3CH (本当は4CHなのですが1CH壊れました)
・カラオケ用テレビ信号延長用コード
・ミキサー24CH 1台(ヘッドホン含む)
・リバーブユニット 1台
・マイク用コンプレッサー・エキスパンダー・リミッタ― 1台
・返し用イコライザー 1台
・来賓客用ミニスピーカーアンプ(ミニギターアンプ) 1台
・ミニアンプ用コード(来賓席まで音を引き込む、これが50mと大変)
・ACコード類
・補助コード類多数
・防雨用対策(突然の雨に対応)
・その他・・・色々
突然、何が起きるかわかりませんのでできる限り準備します。

過去、突然起きた事
・ワイヤレスマイクの感度が落ちた・・・アンテナの接続コードが断線。
・大元のブレーカーのコンセントから取り出しているプラグが焼けていた。
 (プラグの差込不良が原因:当方の音響系回路ではないのでよかった)
・突然の大雨で地面から 4cmの水没、危なかった。
・マイクスタンドが足りない、7本積み込んだのに6本しかない?
 (車の座席の下に移動していた)
・ワイヤレスマイクの乾電池忘れ。
・カラオケ信号、片チャンネル音出ない。(RCAコードの不良)
 (両チャンネルをモノラルとして扱っているので片方来なくても音は両方にでる)

***
機材でワイヤレス受信機1チャンネルが今回点検で音が出なかった、
昨年は使えたのです、これは受信機の表面実装ケミコンの多くが液漏れしていたので
自分で交換して使えるようにした品です。
受信機を分解して調べると1個ケミコンの半田付け不良がありました、
直したらちゃんと音が出るようになりました。やったぁー!!
(業者に修理で1台出したら¥18000でした)

コネクター類は毎年2個〜3個は接触不良になります、雨で接続部分が水没なんてあります。
車は1台ですがとても一人では運べません、バイト君を頼みます。

***
さらにミニギターアンプ、手持ちが1台あるのですが
昨年オークションで1円で落札しました、結果無料で譲っていただきました。

 それを今回使おうと思い、通電した所2時間後にアンプの上が異常な熱さになりました、
変だなと思い中を見ると放熱板が過熱して、電源トランスまで熱いです。
調べたが原因がわからない、
後日修理とします。
posted by ミキサー・タカ at 23:07| Comment(0) | 日記