2018年02月17日

本:ボケ・認知症・痴呆症

いきなり「痴呆症」
今は認知症と言う・・・
認知症と痴呆症とは違うように思える。

この古い呼び名の本は探そうとすると出てこない
図書館でも奥に仕舞い込まれていて棚には置いていない。
でも、医療現場ではまだ、使われているようだ。

51E6Y71HYJL__SX288_BO1,204,203,200_.jpg

脳の病気・・・の解説:つまらない
以前、義父が脳梗塞で倒れた時・・・・軽いので変化なし
脳が非常に委縮している!!!
別室に呼ばれ
医者は「行動や何かおかしい所はありませんか?」と言う
当方「少しもおかしい所や変な動作はありません」と言うと
そんなはずはないんだがなぁ???と言う。
脳の萎縮=ぼけ と決めつけているようだった。


次:
51oeRB2tUvL__SX354_BO1,204,203,200_.jpg

これも感動の無い本でした。


次:
51TNcyGRnTL__SX349_BO1,204,203,200_.jpg

これの逆をやれば、ボケるのは当たり前と
思われる事柄が書いてある。
書いてあることが実際になかなかできないのが現実である
その現実をどうすれば打破できるのかが書いていない。


次:
DSCN0490.jpg

これには少々驚いた・・・薬の害である
脳とは関係ないような薬が脳に作用する事が有る
大変参考になりました。


つぎ:
DSCN0491.jpg

さて、どんな内容だったのかすでに忘れてしまった=本人の記憶障害?
痴呆と書くと、表に出されない本になってしまう。
とてもきれいな本でした・・・読まれていないと言う事。
もったいないなぁ


つぎ:
DSCN0492.jpg

認知症を介護している人たちからのお言葉。
ご苦労様、こんな施設に入れればいいなぁと思う。


次:
DSCN0493.jpg

こんな風に死ねたらいいなと思う
そんな場所がないねぇ。
このような医師は少ない・・・医者も大変だぁ。
◎の本。


次:
DSCN0504.jpg

ボケの診断に使える・・・当てはまる事もある
でも、それは小さい頃からそのまま?すでに劣化(成長しなかった)と言う事か。
気軽に読める。


次:
DSCN0505.jpg

死んだのが蘇るのではなく、グループホームでの出来事。
このように看てもらえれば幸せだと言う事。


次:
DSCN0506.jpg

精神病院の様子・・・?
昔、当方の生まれた地域の近くに精神病院があった、当時「きちがい病院」と
呼ばれていた。
鉄格子の窓、そこから大きな声でわめく声が聞こえる・・・聞いた?
親の言う事を聴かないと、そこに入れられると言う
恐怖感のみ植えつけられる

まだまだ、いっぱいあるけれど「痴呆」と言う
言葉が消されたため表に出ない本がたくさんあります
とてももったいない、題名を換えて出された本も有ります。


本と内容が違っていましら、ボケだと思ってください
1冊づつ感想文でも書いておけばよかったんですが、面倒なので!

「めんどうだな」と思ったら・・・これがボケの始まりと
書いてありました。

では
posted by ミキサー・タカ at 11:15| Comment(0) | 日記

2018年02月15日

電源トランジスタの交換

物は例のAC-100W アンプです(元は金田式DC-120W)
どうにも音が物足りなくて

電源ダイオードを交換大きなブリッジの品
永年使用したので劣化してるかも?

交換後・・・・・ブラシーボ効果か?少し高域が大人しくなったよう
な気がする。
(あまり変わらない)

では、もう一つ電源+43V に使われた2SD424 です
2N3055 が壊れて 秋月の 2SD424 音が悪いと自分で判断した品です。

DSCN0500.jpg

1個が自分の安いHfe計では測れない 「0」ゼロと出てしまいます。
詳しくは当ブログの2SD424 のHfe特性を参照。

これを昔昔 QUADのパワーアンプの石に使用ともくろんでいた石
なんせ本物の D242 が手に入らないので これ 2SD675
耐圧がD424と比べると少し低い。

DSCN0501.jpg

手持ちのHfe計(テスター)でもちゃんと測れる

DSCN0502.jpg

良く揃っています。

これに交換してみます。

DSCN0503.jpg

試聴・・・・
高域が大人しくなりました。
なんだか低域も少し出るようになりました。
(そんなバカな?気のせいだろう?)
ブラシーボ効果でしょう・・・・

CDを取り換えて色々試聴します・・・なんだかんだで1時間
嫌がらず、音楽を聴くことが出来ました。

前の状態(D424)では、とても長く聴く気にはなれない音でした
感じとして 楽器のエレキベースの音が良くなりました。
(そう感じました)

途中、休憩をはさんでまた、2時間ほど 音楽を聞きました
全然嫌な感じのしない音です。

こんなので、効果があるんです!!!
(本当かな?)
(まだ、自分でも疑いを持っています)


安定化電源に使うトランジスタで音が変るんでしょうかねぇ

今回はM-77 との比較ではなく 電源トランジスタを交換しての
試聴なので時間が空いています。

長く聴くことができた
(これが大きな違いです)

秋月 2SD424 だめだった 残念。

では、また。
posted by ミキサー・タカ at 19:22| Comment(0) | アンプ修理

2018年02月12日

外のセンサーライト 壊れる

夜、人が通ると点灯するライト
防犯に役立つでしょう。

DSCN7794.jpg

もう10年?5年は経過してるはず
これが最近「誤動作」します
なんと「ホットカーペットのON」に連動するのです
回路は別系統のはずなんですが・・・??なんです

何度か試すと、やはり ON した瞬間に点灯します。
もしや極性(AC100V)と思い
逆にして差し込んだら、誤動作しなくなりました。

これで良し・・・
まあ、だいぶ使ったし、ハロゲン電球なので非常に明るい
球はすでに3回交換している、予備も1個ある。
電球の値段も高価です。

世間ではLEDですね。

都合があり、センサー照明と同一電源に違う負荷を入れたら
またまた、誤動作点灯します。
(あーこれもうダメかな!)

外してみるとライトの軸が折れています。

DSCN7790.jpg

折れた状態でも点灯していたので
下側のサンサー部分にタッチして、センサーが支えてくれてました。

DSCN7791.jpg

それでセンサーが熱で焼けてしまいました。

DSCN7792.jpg

これはもうダメですね
センサーをばらしてみると

DSCN7795.jpg

全然きれいでした。

DSCN7796.jpg

正面が熱センサー
上がCDS 明るさセンサー
右上がリレーですね、よくこれで持ちこたえていました。

近くのホームセンターで10%OFF があり
買い求めました。

DSCN7797.jpg

やはり実物を見て買わないといけません
通販では危ないですから。

展示してたこのライト・・・LED ですが
ライトの周囲がものすごく熱い
触れないほどです。

これでは冬はいいけれど、夏に壊れそうです。
LED は多くの熱を出します
この熱をいかに放熱させるかで寿命が決まります。

国産はだいたい、放熱板
ダイソンはヒートパイプ・・・そう、山水のアンプに使われた
熱伝導パイプで他に引いてそこで冷やす・・・とありました。

店内でも明るいので大丈夫でしょう・・・十分明るいです
照射範囲が少し狭いかな。

ただ、人感センサーの感度がよろしくない、
近づいても反応せず、「こりゃだめだ」と帰ろうとすると
点灯した????
センサーの向きがまだよろしくないか?です。

1年保証・・・どこまで使えますか?

では


書き忘れた!!!!

ホームセンターの方が 10%OFF しても
アマゾンの方が安いぞ!!!! 
¥1500も違うぞ!!!!
あーあーあーあーあーーーーー。
posted by ミキサー・タカ at 19:33| Comment(0) | 日記